実は危険な浴室の寒さ

  1. ヒートショックラボ-ホーム-
  2. 実は危険な浴室の寒さ

ご存知でしたか?実は危険な浴室の寒さ

高齢者の浴室事故が増えています

厚生労働省の統計によれば、平成26年度の浴槽での死者は4,866人。これは平成16年と比較して、1.7倍もの増加です。
その中でも65歳以上の高齢者が9割を占めています。高齢者層が増加するに従って、事故も増加しているのだと考えられています。
家庭の浴槽での溺死者数の推移
糧の浴槽における溺死者の推移
入浴中の事故死は冬季に多く、12月から2月にかけての寒い時期、3か月間に全体の5割が発生しています。1年の4分の1の期間に多くの事故が集中して起こっていることになります。入浴中の事故と気温とに相関関係が見られるのです。
東京都23区における入浴中の事故死
気温が低い浴室で、体を温めることなく急に熱い湯船に浸かるとヒートショックに襲われることがあります。
ヒートショックとは、寒い場所から急に温かいお湯に浸かったりした時に寒温の差の大きさに耐えられずに心臓が止まってしまうこと。つまり、急性の心不全です。
急性ですから、普段から心臓に問題を抱えている人ばかりが事故に遭っているわけではありません。
高齢者にとって浴室が寒いのは当たり前のことのようです。
そのため、寒いお風呂場は危険な場所だと気付いていない人が多いようです。
家屋の断熱性能もそれほど高くなく、浴室暖房機などというものも存在しない時代に大人になった人ばかりです。浴室が寒いのは当たり前。それは我慢するしかないこと。そう思っているならば、お風呂場を温めることを思いつかないかも知れません。
中には浴室を温めるために工夫をされている方もいらっしゃいますが、熱いシャワーを出しっぱなしにしたり、お風呂場の戸を開けておいて一般的な温房機で隣の脱衣所から温める、といった苦労をされていることが多いようです。

ですが、今は高い性能を持った浴室暖房機があります。そんな苦労をしなくてもスイッチひとつで簡単に浴室を温めることができるのです。
もう、浴室が寒いのは当たり前のことではありません。浴室暖房機がある今、寒いお風呂場に我慢している必要など無いのです。
そのことを知らずに過ごしてしまっている方もいらっしゃるかも知れません。知っていても取り付けが面倒だから、あるいは価格が高いからといった理由で諦めているのかも知れません。

もしもご家族がお風呂場の寒さを我慢しているのであれば、それを解決して差し上げてはいかがでしょうか?

もう一度繰り返しますが、気温が低い浴室で体を温めることなく急に熱い湯船に浸かると、ヒートショックに襲われることがあります。寒いお風呂場は、ヒートショックに襲われる可能性が潜んでいる、とても危険な場所なのです。