グラファイトヒーターとは

  1. ヒートショックラボ-ホーム-
  2. グラファイトヒーターとは
グラファイトヒーターは、グラファイトと呼ばれる炭素繊維を発熱体に利用したヒーターです。ヒーターに電圧をかけると発熱し、その輻射熱は遠赤外線と呼ばれます。

グラファイトはセラミックや一般のニクロム線などと比べると同じ消費電力量でも遠赤外線の放出量が多いので、より効率的で省エネと言える素材です。
ひと言でいえば 要するに、グラファイトは他の発熱体を使っているヒーターよりも高性能だということ です。
高須産業株式会社環境試験室にて測定
ユニチカガーメンテック株式会社環境試験室にて測定

遠赤外線が温かい理由は?

遠赤外線は、わかりやすく言えば光の一種です。

光はすべてエネルギーですが、遠赤外線はその中でも金属以外のほとんどのものに吸収されるため、様々な物に効率よく熱エネルギーを与えて温めることができます。これが輻射熱と呼ばれるものです。

熱エネルギーと言えば、太陽の光。
太陽の光が温かいのは、それが輻射熱、つまり熱エネルギーを含んでいるから。
遠赤外線はまるで太陽のように、遠くまでその熱エネルギーを届けることができる のです。

実は、ほとんどすべての物質はこの遠赤外線を放出しています。放出してしまったら冷たくなるのではないかと思った方は、半分正解です。

ほとんどの物質は遠赤外線を放出すると同時に、他の物質が放出した遠赤外線を受け取ってもいます。
単純な足し算と引き算で、放出する分よりも受け取る分が多ければ温まり、その逆であれば冷える、ということなのです。

なぜグラファイトヒーターが良いのか?

お湯でも温風ヒーターでも遠赤外線を発していますし浴室を温めることはできますが、お湯の場合は水の温度を、温風ヒーターの場合は温めたヒーターに風を当ててその温度を上げる必要があります。水や風を温める分、エネルギーロスが発生しやすくなり、効率が悪くなります。せっかくのエネルギーを無駄にしてしまうということです。

グラファイトヒーター式では、グラファイトの発熱体から直接遠赤外線(熱)を取り出します。そのため効率良く浴室や体を温めることができます。しかも通電するとあっという間に遠赤外線が放出されるので、エネルギーロスが少ないのです。
スイッチオンですぐに温かいのがグラファイトヒーターの特長です。もう寒い浴室で我慢する必要はありません。
しかも効率が良いので電気も無駄にしません。

あなたも「浴室暖房機専門店 ヒートショックラボ」の換気も乾燥もできるグラファイトヒーター採用の浴室換気乾燥暖房機で、快適なお風呂をお楽しみください。